大きくする 標準 小さくする

進化型オリジナルDVD「Vol.2サーブ編(56分)」「Vol.3セッター編(80分)」[infotop]

2011/12/01

世界各国のナショナルチームや有力クラブチームの指導を重ねてきた足立龍哉の集大成 新生代のバレーボールに必要な基本的動作を惜しげもなく公開します「進化型オリジナルDVD No.2 No.3 サーブ編(56分),セッター編(80分)」
進化型コーチングオリジナルDVDがついに解禁!
FIVB(国際バレーボール連盟・バイリンガル)公認コーチ・インストラクター足立龍哉氏が提唱するバレーボール指導の極意が遂に進化型オリジナルDVDとして日本初公開されました。
自らは選手として海外で活躍、その後は指導者へ転向し世界各国のナショナルチームや有力クラブチームの指導を重ねてきました。
足立氏の長年に渡る国際経験を活かした進化型バレーボールコーチングは、これまで限られた選手だけが指導を受けていましたが、今回リリースの進化型オリジナルDVDにより、この本格的な指導を手軽により多くの方が受講することができるようになりました。

本編はすべての練習が「基本」からスタートし、徐々に負荷をかけていく内容となっており、中学生からナショナルチームの選手まで対応できるプログラムになっています。
選手自身の考える力を引き出し、次々とインプットしていく指導法により、チームがさらに進化していきます。
この進化型オリジナルDVDシリーズにより、選手の能力を引き出し、チームを次の試合で勝利に導いてください。
 
講師プロフィール
足立龍哉 写真
足立龍哉●FIVB公認インストラクター ●1988~FIVB公認インストラクター ●2007~ACP CEO/代表
2009~2010
UAEナショナルチームを指導
1996~2007
JVAに従事
1995
バーレーンナショナルチームを指導
1988~1994
フランスナショナルチームを指導
1986~1987
プロ選手としてヨーロッパでプレー
1982~1985
米・NCAAでプレーオール・アメリカンに選出(2回)
 
「これまでに無い新しいタイプの指導DVD」この進化型オリジナルDVDは過去にない特殊な方法で制作されています。現在市販されているDVD等は体育館での実技指導が中心ですが、この進化型オリジナルDVDは体育館での実技映像を基に、動作の要点や指導の着眼点を理論的に説明している特徴があります。
実際の映像をご覧ください
No.2 サーブ編(56分)

サーブは勝敗を左右する非常に重要な技術です。またサーブには様々な種類があり、それぞれに特色があるため、定説を論じることは非常に難しいものです。従って指導者がサーブを指導する際に注意しなくてはならないことは、各選手の体格などの特徴を生かしたサーブを発展させること、さらにはチームのレベルやカテゴリーに準じた指導をおこなうことです。私がナショナルチームやプロクラブチームを指導する際に、最初に強化する技術はサーブです。
試合の勝敗を左右する作戦・戦術はそれぞれのチームのレベルにあったものが必要となりますが、その戦術・戦法を組み立てる第一のキーポイントがサーブなのです。

 
安定したサーブを打つ基本的な要素とは?サーブを打つ姿勢の第一ポイントは?

サーブを打つ姿勢のポイントは、足の位置と方向です。

【足の位置と方向(テニス式フローターサーブ右利きの場合)】
サーブを打つ際、左足を一歩前に出し、両足のスタンスは肩幅ぐらいにする(そうすることで体全体が安定する)。
また左足はサーブの方向を決める重要なポイントになりますので注意しましょう・・・

 
【内容2】安定したサーブを打つ基本的な要素とは?両手の構え方と位置は?

【両手の構え方と位置】
左手は体正面/胸部の位置、そして右手はボールをコンタクトする面(手のひら)に軽くのせる感じが望ましい。
下記の図を参照してください。
naiyou_2-2image.jpg
その後、ボールを構えた段階でしっかりと集中することです…

 
【内容3】安定したサーブを打つ基本的な要素とは?上半身の位置と方向は?

【上半身の位置と方向】
左足、体全体、顔はサーブを打つ方向に向けることが基本です。もう少し詳細を述べるならば、上半身/両肩の位置と方向はネットに正対するのではなく、両肩が約45度(右肩を後方に引いた状態)になるように上半身のひねりが必要になります。
下記の図を参照してください。
naiyou_2-3image.gif
両肩がエンドライン、ネットに正対すると、腕力に頼ったサーブになり、パワーを生み出すことができません。
よって、上記の図が示すように前後スペースを確保し、(体の回旋・重心の移動等を利用し)パワーを生み出す自由な空間を設けておくことが重要になります・・・

 
【内容4】安定したサーブを打つ基本的な動作とは?

安定したトスを上げ確実性のあるサーブを打つためには、下半身の動きの習得が重要になります。
下記図1のように、トスを上げる前の状態では、自分の体重を右足にかけ、トスを上げると同時に、右足にかけた体重を徐々に左足へと移動させることがポイントです。
またボールコンタクト時には、全体重が左足(軸足/サーブの方向)にかかっている状態になっているかどうかを最終的に確認してください。

(図1)
naiyou_2-2image.jpg
また、これらの体重移動(右から左)は重心の動きと協調してくるので、スムーズな動きが身に付くよう、動き(体重移動/右→左)をマスターしてください…

 
【内容5】安定したトスを上げるには?

naiyou_2-5image.jpg
様々な練習方法を紹介します…

 
【内容6】ボールコンタクト時の手の形は?そしてそのポイントとは?

naiyou_2-6image.jpg
ボールを無回転で打つには…

 
【内容7】効果的なサーブを打つ条件と指導方法とは?

効果的にサーブを打つ条件と指導方法(順序)は下記になります。
①確実性とコントロール
②スピードと変化
③パワー
④システムと戦術・戦法

では上記ポイントを具体的に説明します…

①確実性とコントロール
②スピードと変化
まずは・・・
naiyou_2-7image1.jpg
③パワー
naiyou_2-7image2.jpg
様々な練習方法を紹介します…

 
【内容8】サーブを打つ際の呼吸方法とは?

サーブを打つ際の呼吸に関して、意識的に取り組んでいる選手が少ないように思います。
サーブを効果的に打つには、集中力を要します。
その集中力を高めるために、まず呼吸を安定させることが重要です。
具体的には…

 
【内容9】ジャンプ・フロート・サーブの指導ポイントとは?

最初に助走の仕方と踏み切りについて説明します。
助走(アプローチ)は…
次に重要なポイントは踏み切り位置と着地位置です。

次に踏み切りですが、基本的に片足踏み切りと両足踏み切りがあります。
その具体的なイメージは・・・

 
【内容10】ジャンプ・フロート・サーブの助走(アプローチ)方向とは?

ジャンプ・フロート・サーブの助走方向は基本的に3つの方向があります。
少なくとも2つの助走方向を習得することを勧めます。

 
【内容11】ジャンプ・スパイク・サーブの指導ポイントとは?

最初のポイントはトスを上げる前の姿勢になります。その姿勢は…
次にトスの上げ方(方法)と両手の動きになります。最初にトスの上げ方ですが…

最後にチェックするポイントは助走中の重心の動きになります。
安定したジャンプ・スパイク・サーブを打つためには…

といった内容/練習方法と指導ポイントを詳しく説明してあります。

 

この『進化型オリジナルDVD No.2サーブ編』は非常に貴重なDVDとなります。
これまで日本また世界において“サーブ”に特化したビデオ・DVDは数多く制作されていません。
是非、今回ご紹介した進化型オリジナルDVD No.2の内容を参考にして実践してみてください。
短い時間で劇的に進化します。

 
No.3 セッター編(80分)

一流のセッターになるためには少なくとも8年以上の年月が必要です。
セッターはチームの中心的存在であり、攻撃の柱として攻撃を組み立てる大事なポジションとなります。ですから、セッターの技術力が高ければ高いほど、攻撃の幅は広がるといえます。
チームの総合力を上げるためにも、セッターの技術力を向上させることが必要不可欠となります。
セッターの育成は多くの指導者にとって非常に難しいコーチングの一つであり、様々な基礎、技術指導を取り入れなくてはなりません。
そこで私が今まで選手として、また指導者として経験したセッターに必要な基礎・技術、そしてその練習方法を集約したカタチでご紹介したいと思います。

 
【内容1】トスを上げる前の基本的姿勢とは・・・?

naiyou_3-1image.jpg
最初にポジショニング(構える位置と体の方向)のポイントですが、味方コートの何処の位置からボールが返球されても対応できる体の向き(方向)が重要です。
ネットに対して両肩のラインを45度とすることが初歩的な構える位置と体の方向と言えます。
トスを上げる前の姿勢は・・・

 
【内容2】ランニング・セッター(ペネトレーション)の注意点は・・・?

naiyou_3-2image.jpg
ランニング・セッター(ペネトレーション)の動きは重要です。
特にポジション5(レフト後衛)からのランニング・セッターは最も難しい動作です。
基本的な注意点はランニング・セッターに入る前のスタート姿勢、動作中における加速・減速、動きを止める技術、また動作中における観察、ターン(体の向きを変える)の仕方等が挙げられます。
これらの動き練習は第2のウォームアップとして取り入れたり、個人練習として行う事を勧めます。
その具体的な練習方法は・・・
また、ペネトレーション中における観察ポイントは・・・

 
【内容3】トスを上げるフォームと4つの窓(スペース)による観察とは・・・?

naiyou_3-3image.jpg

 
【内容4】セッターのコンタクト(種類)について

セッターのスタイルは色々あります。
それは個人の特徴を活かした育成をしているからだといえます。
しかし、セッターに必要なボールコンタクトの方法は基本的に同じと考えてください。
ボールコンタクトの種類は少なくとも4~5種類あります。
例えばAクイックをあげるコンタクト、時間差用攻撃のためのコンタクト、バックトス、2段トスといったコンタクトです。
これらのコンタクトを習得するためにはトレーニングが必要です(特に柔軟性)。
そのトレーニング方法とは?
naiyou_3-4image.jpg

 
【内容5】Aクイックのトスの上げ方は・・・?また時間差用のトスについての注意点は・・・?

Aクイックのトスは基礎がしっかりしていれば、簡単に体得できます。
“基礎がしっかりしていれば”の基準は簡単な状況でのレフトへのトス、ライトへのトス(バックトス)をリズムよく、安定した高さであげられるということです。Aクイックのトスは手首を・・・?
次に時間差となる攻撃用のトスの指導に入ります。
この時間差用のトスの注意点は手首を・・・?
また時間差的レフト平行トスの場合は、むしろ両肘に意識してあげることを勧めます。

 
【内容6】セッターが必要とする助走(アプローチ)って何・・・?

助走(アプローチ)といえば、アタックの助走(アプローチ)、ブロックでの移動でよく使われますが、セッターの助走(アプローチ)とは、トスをあげる前のスタート位置から返球されたボールの落下地点までの移動のことを示します。
このアプローチの仕方は“時間→与えられた時間”、“距離→移動距離”、“スペース→トスをあげるためのスペース”などによって変わってきます。
その具体的な方法とは?

 
【内容7】足立オリジナル理論“点・線・面”とは・・・?

naiyou_3-7image.jpg
といった内容/練習方法と指導ポイントを詳しく説明してあります。

 

この『進化型オリジナルDVD No.3セッター編 80分』は非常に貴重なDVDとなります。
これまで日本また世界において“セッター”に特化したビデオ・DVDは数多く制作されていません。
是非、今回ご紹介した進化型オリジナルDVD No.3の内容を参考にして実践してみてください。
セッターを育成するには時間がかかります。
何度もこのDVDを繰り返して見て頂きたいと思います。

 
このノウハウを手に入れるための料金

このDVDプログラムのノウハウを実行して得られるリターンはどれくらいでしょうか?
足立が日本に戻ってきてから多くのチームを見てきました。
受験のために少人数しか集まらない無名のチームに、進化型コーチング独自の足立メソッドをインストールすることにより、技術・システム・戦術面と県外トップチームと五分五分に戦えるような実績も挙げてきました。
また、個別のチームコンサルティングにより、大きく平均身長が上回るチームと互角に戦える手法なども具体化させてきました。
あなたが手にするのは、このようなノウハウです。どのような価値があるかは、分かって頂けたのではないでしょうか?
今回この価値のあるノウハウをサーブ編・セッター編のセットで15,000円で提供したいと思います。
このノウハウを使って指導を行えば、この値段の何倍もの価値を得ることができるかと思います。
これは、極めて費用対効果が高い効果的な投資ではないでしょうか?正直言うと、もっと高くても良いと思っています。
ただし、足立は早く行動をすることができる人が好きです。
成功する人は、必ず行動をしています。
もしあなたがこのページをご覧いただき少しでも何かを感じましたら是非とも今すぐお求めいただくことをお奨めいたします。

 
このDVDプログラムには、30日間の保証期間を付けています。もしこのDVDが役に立たなかったり、何か違うと思ったら返金を受けることができます。つまりあなたは、30日かけてこのDVDプログラムが自分に合っているかどうかを確かめることができるのです。返金を適用する際に、無理に理由を聞くことはありませんのでご安心ください。
 
「安心の30日間完全満足保証」もし、DVDの内容を実践されて、結果が全く出なかった…、という場合には、事務局まで、お送りしたプログラム一式を送り返してください。
 
 
パッケージ 「進化型オリジナルDVD」No2,No3 サーブ編(56分)、セッター編(80分) セット価格15,000円(税込)
 
15,000円(税込・送料別途)
 
※別途送料500円がかかります。



 
 
 
 
 
100%満足保障いたします。 特定商取引法に基づく表示
 

【返品対象】
30日間、DVDをご覧いただきもしご満足いただけなかった場合は
教材購入時の価格で全額返金致します。

【返品時期】
ご購入後 90 日以内にご連絡があった場合に返金可能となります。

【返品方法】
事務局宛メールに返金要請いただき、商品を返送ください。
その際の送料はご購入者様負担となります。
30 日以内にご購入代金を指定の口座へお振込いたします。


足立龍哉プロデュースプログラムのご紹介

足立龍哉プロデュースプログラムのご紹介

1.進化型オリジナルDVD

様々なバレー理論がある中で、足立氏の理論は、世界標準となっているバレーに対応できる唯一のものであると考えられる。世界とのレベル差を考えるにあたって、体力・スキル以外の部分もかなり多いことに気づかされる。今まで身につけてきたものが生きない内容ではなく、それらも効果的に発揮できるような、いわば考え方の「幹」となりうる。
現在の日本の指導者のバレーボール理論は世界標準であるのか?世界で勝つために、選手の能力だけで勝敗が左右しないためには、指導者のコンセプトと選手に納得させる確かな裏付けが必要である。この進化形オリジナルDVDは「一貫指導の極み」ともいえよう。足立氏の理論の総まとめが進化形オリジナルDVDなのである。
前作T&Hから出されたDVDと重複している箇所があるが、より深く追求された内容は、十分なエビデンスをもとに丁寧に紹介されている。モデルチームは初心者を含めた県立学校の高校生である。(県大会出場レベル)今までに見たことがない練習方法や初めて耳にする理論があるが、それらは決して「特定の人」「特別なトレーニングを受けた人」しかできないような限定されたものではない。各選手のレベル、チームのレベル、もしくは指導者のレベルに準じて段階的に実践できる。そこには科学的なデータに基づいた確かな証拠があるために、無理なく怪我なく、合理的な技術・戦術がマスターできる。理論→方法→実践が体系化されており、モデルチームの高校生が足立氏のコーチングを受けながら、確実に上達している姿も見られる。
トップレベルの指導から学校での部活動、そして体育の授業での指導に即役立つ内容が満載である。Vol.1~Vol.5まであるが、単にバレーボールの技術の紹介のみではない。フィジカルそしてメンタル面で選手を鍛え、さらに各スキルの相互作用から、スパイラル的に技術が伸びていくため、マスターしていくと、練習と実践での極端な違いがなくなる。パフォーマンス的な練習は一切なく、それだけ、実践に即した、実践場面で必要な選手目線の指導がなされている証拠である。革命的なDVDであると言える。
指導者のバイブル的存在として、手元において置きたいものである。しかし内容を踏まえた上で実際に指導を行い、さらに繰り返し観ることにより、指導理論の深化や各スキルのとの繋がりが鮮明になることから、二度三度と観る事の重要性に気づくと思われる。完璧に理解しより成就感を得るためには、この繰り返し観ることが非常に大切なのである。

進化型オリジナルDVD vol.1
詳細はこちらをクリック


進化型オリジナルDVD vol.2
詳細はこちらをクリック
 
進化型オリジナルDVD アダプテーション・プログラム
詳細はこちらをクリック
 

2.進化型コーチングオンラインクリニックDVD

特定されたテーマをもとに限られた時間の中で、理論とその実践を紹介している。
毎回、現場指導者のリアルな声をもとにQ&A形式を取り入れ、さらにオンライン中の視聴者の生の声も採用されている。
日本バレーボール界の指導普及のために、熱く語られる内容もある。
過去実施のオンラインクリニックの総集編DVD。

進化型コーチングオンラインクリニックDVD
詳細はこちらをクリック
進化型コーチングオンラインクリニックDVD(第8回)
詳細はこちらをクリック
 

3.進化型コーチングワークショップ

足立先生に一定期間、指導方法についてコンサルティングしてほしいのですが何か方法はないですか?」
はじまりはそんな1本のお電話がきっかけでした。
もしあなたがチームの目標を確実に達成したいという強い想いを持っている指導者なら、足立が3ヶ月間かけて確実に成果の上がる、あなたにあった指導方法を伝授いたします。

詳細はこちらをクリック
進化型コーチングワークショップ
詳細はこちらをクリック
進化型コーチング2014テクニカルセミナー兼特別ワークショップ
詳細はこちらをクリック